【ゼルダの伝説BoW】ただ一つ言えることは悪意はなかったという事

ゼルダの伝説BoW
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
◆ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

※ネタバレ注意

ちょっとだけ、ちょっとだけね。

ち、ちがう…わざとじゃ…!!!

最初の方は本当にハートが少なくてな…めちゃくちゃ嬉しい。

これはかなりうれしい。所持金51ルピーになった。

やっとのことでカカリコ村について一番初めにやったことはお供え物を盗むことだよ!


なんとなくニワトリを川へ投げ込んでみたらどうなるのかなって思って…

まさか飛びも泳ぎもしないとは…ごめんね…。


かろうじて方角が分かる程度の地図で私がたどり着けるとでも?💢💢💢




大層梅を大事にしているようで、柵に足を踏み入れた途端に怒り狂って追い出してくるババァ。

夜になったらババアもお家に帰る事を発見し、興味本位で足を踏み入れたら流石に何も起きなかった。

なんとなく、うん、ただ本当になんとなーく「爆弾で梅の木をふっとばしたらどうなるかな。流石にあんなに大事にしているし爆弾は効かないかな」と思ったらそんなことはなくキレイに木っ端微塵になった。悪気はなかったんだよ、単なる興味本位だったっていうか。流石に可愛そうだから一本は残しておいた。
翌日には驚異の成長スピードで全部元に戻ってたから大丈夫。

試してないけど、ババァが見張ってる時に柵の外から爆弾投げ込んで爆破したらどうなったんだろう。